<label id="16116"><p id="16116"><pre id="16116"></pre></p></label>
<rt id="16116"></rt>
    <menu id="16116"><s id="16116"></s></menu>

    <address id="16116"><listing id="16116"></listing></address>

    <meter id="16116"></meter>
      <cite id="16116"><del id="16116"><ruby id="16116"></ruby></del></cite>
        <dfn id="16116"><optgroup id="16116"></optgroup></dfn>
      1. <dd id="16116"></dd>

        酷玩娱乐棋牌

        無印良品について

        「わけあって、安い」をキャッチフレーズとし、安くて良い品として開発された無印良品。1980年、良品計畫の母體である西友の自社開発の経験を基にノーブランドの商品発想でつくられました。商品開発の基本は、生活の基本となる本當に必要なものを、本當に必要なかたちでつくること。そのために、素材を見直し、生産工程の手間を省き、包裝を簡略にしました。この方針が時代の美意識に合い、シンプルで美しい商品が長く愛されてきました。

        素材の選択

        おいしくて健康にも役立つ食品。著心地よく、身體になじむ衣服。使い勝手を第一に考えた生活雑貨。ふだん見過ごしがちな基本のもの作りのために素材を見直します。品質は変わらないのに、見栄えのために捨てられているもの。業務用の素材。世界中から見つけた原材料や、安価で大量に確保できる旬のものなどを活かして、低価格で質の良い商品が生まれました。

        工程の點検

        ひとつの商品ができるまでのプロセスを徹底的に點検する。選り分けたり、大きさを揃える手間も不必要。不揃いのままだったり、つや出しせずに仕上げたり、商品本來の質に関係のないムダな作業を省いて必要な工程だけを活かしました。規格外のサイズ、かたちで捨てられていたものも商品に。素材をムダなく活かし、コストダウンにもなる、実質本位のもの作りです。

        包裝の簡略化

        飾らず、もの本來の色やかたちのままを大切にしたい。過剰な包裝をしない。まとめて一括包裝に。共通容器に入れる。シンプルなもの作りであると同時に、地球の資源をムダにせず、ごみを減らすこともできるものです。無印良品の商品はすべて、成り立ちのわけが印刷されているパッケージであっさり包まれていたり、タグがつけられているだけで、店頭に並んでます。

        無印良品からのメッセージ

        1980年の誕生から21世紀を迎えた今日、無印良品はどう変わり、またどう変わらずに歩んでいくのでしょうか。無印良品は2003年より、年始のメッセージとしていくつかのステートメントを発言してきています。こちらをご覧になっていただくことで、これからの無印良品の考え方を感じていただきたいと思います。

        酷玩娱乐棋牌